がん治療のニーズに合わせた保険ががん保険です

わが国における、がんの患者数は年々増加する傾向にあります。その数は30年前と比べ3倍にまで増加しています。
厚生労働省の統計では「日本人の2人に1人が生涯でがんになる」、「日本人の3人に1人はがんで死ぬ」と発表しています。もはや、がんを患うことは珍しいことではないのです。

がん治療は手術療法、放射線療法、薬物療法(化学療法)などを組み合わせて行います。
がんの特徴として、治療が終わったようにみえても再発、転移する可能性があり、治療が長期化する点があげられます。そのため、治療費も他の病気に比べて高くなる傾向にあります。

一般の生命保険の場合、入院日数や通院日数に制限があり、がんのように治療が長期化する病気には向いていません。

このようながん治療のニーズに合わせた保険として「がん保険」があります。
がん保険には入院日数に上限がなく、治療が長期化した場合でも補償を受けることができます。また、がんと診断された時に一時金が給付されたり、手術、放射線、薬物の療法を受けるたびに、補償が受けられるものもあります。

がん保険はがん専用の保険なので、他の病気にかかった場合に補償を受けることはできません。
しかし、がん治療に必要なサポートを手厚く受けられることを考えると、加入するメリットが大きい保険です。